カテゴリ:①たろう( 75 )

1年が経ちました。

たーくんが天国に行ってしまってから1年が過ぎました。

本当にあっという間の1年でした。

このキズは、たーくんが何年もかけて作ったもの。
d0046821_22475389.jpg

毎朝、ここで伸びをしてハーネスをつけてガリガリってしてから

お散歩に行くのがたーくんの日課だったみたいです。

このキズも、たーくんが私達に残してくれた想い出のひとつです。


昨日は、弟の誕生日で家族で食事に行きました。

自然とたーくんの話がでます。

「さあ、片付けようってお皿をもった瞬間、お皿からかまぼこ取ったことあったよね~」 とか、

「怒ると逆ギレしたよね~」 とか、食いしん坊で我ままなたーくんエピソードがいっぱい!

他にも、親戚のおばさんが玄関に届けておいてくれたシュウマイを2箱食べちゃった事とか、

弟がカツ丼を作ろうと思ったら卵がなくてコンビニに買いに行って帰ってきたら

卵丼を食べるはめになったこととか(笑)。

たーくんは天国に行ってしまったけれど、家族で笑いあえる想い出を本当に

たくさん残してくれたんだな~って思います。

たーくん、ありがとうね。
d0046821_22582795.jpg

d0046821_2259692.jpg

d0046821_2392353.jpg

d0046821_2393160.jpg

d0046821_2393896.jpg

by miki_trm | 2006-08-16 23:13 | ①たろう | Comments(4)

ブレスレット

たーくんがずっと使っていたリードをリメイクしてブレスレットを
作ってもらいました。

弟がどうしても身につけるものが欲しいというのでリメイクをして
もらえるお店を探していたらペットフレンズというお店を見つけました。

ダメもとでメールをしたらすぐにお返事を下さって、リードを送る
事になりました。
その後もお電話をくれて「できないと断ってしまうのは簡単だけど
大切なものだと思ったので・・・」と言って下さって色々考えて
可愛いブレスレットを作って下さいました。

大切な宝物になりました。
d0046821_17412322.jpg

1ヶ月と少しの間、たーくんとの思い出に付き合って下さった皆様、
ありがとうございました。
d0046821_17511260.jpg

1年8ヶ月、病気と笑顔で闘ったたーくんに恥ずかしくないように
私も頑張っていこうと思っています。

明日からは、4つの命「生・命・希・望」の応援よろしくお願いします。
by miki_trm | 2005-09-24 17:21 | ①たろう | Comments(2)

雪やこんこ、あられやこんこ♪

お知らせ→第12回チャリティフリマ開催!

================================

「犬は喜び庭かけまわり、猫はコタツでまるくなる~」っていう歌。
初めてたろうが雪で遊ぶ姿を見たとき、「あーーー本当だ!」
って思ったのをよーく覚えています。

たろうは、雨が大嫌い!濡れるのも嫌い!
でも、雪は大好きでした。

私の成人式は大雪でした。
屋上に積もった雪で、たろうと弟2人と遊んだことは本当に良い思い出です。

たーくん、本当に楽しそうで、嬉しそうで、一生懸命遊ぶ姿は本当に
可愛かったです。

「ねーちゃん、雪なげて、なげて」
d0046821_211256.jpg

じゃーーーぷっ!
d0046821_214445.jpg

雪投げるとキャッチしてもぐもぐ食べるんですよ~。
「もっとなげてよーーーー!」
d0046821_2152398.jpg

d0046821_2144946.jpg

d0046821_2164376.jpg

d0046821_217482.jpg

「ねえ、おにーちゃんなんか作ってるよ!」
d0046821_2193284.jpg

「たーも手伝ってあげるよ!」
d0046821_211004.jpg

「はい、頑張って~!」
d0046821_21111959.jpg

「たーはボールで遊んでるからね~」
d0046821_21201256.jpg

d0046821_21202960.jpg

d0046821_21203715.jpg

by miki_trm | 2005-09-22 20:54 | ①たろう | Comments(0)

たーくんの成人式?!

お知らせ→第12回チャリティフリマ開催!

================================

ネクタイをして、たーくんも一緒に成人式!
d0046821_21504987.jpg

d0046821_21505861.jpg

d0046821_215153.jpg

by miki_trm | 2005-09-19 21:50 | ①たろう | Comments(7)

私の部屋での思い出

お知らせ→第12回チャリティフリマ&第5回里親会

================================

預かりをはじめる前は、昼間はよく私の部屋で過ごしていました。
川を眺めウトウト・・・・。
d0046821_1027417.jpg

「あーーー帰ってきたのぉ~。」
d0046821_10295778.jpg

こんな事も・・・・。

ビックリしたよ・・・・・。

人かと思ったよ・・・・・・。

誰かが寝ているの見つけて布団をかけたのね(笑)。
d0046821_10304465.jpg

「たーーーーくん!」

「あーーーお帰りぃ~。」
d0046821_10351388.jpg

落ちそうになってたこともあったね(笑)。
d0046821_10354969.jpg

そうそう、ベットの隙間に入って、自分の太さと同じで身動きが
取れなくなったこともあったね(笑)。

「写真はいいので、助けてください」
d0046821_10382374.jpg

可愛いね、たーくん。
d0046821_10411053.jpg


おまけで、りょん姫。
今じゃカミナリがなった時ぐらいしか私の部屋には来ないけど~。
何年前だろう・・・やっぱ若いな顔が。
d0046821_1041534.jpg

by miki_trm | 2005-09-15 10:22 | ①たろう | Comments(4)

証拠写真

本当に悪戯小僧でした!!
1歳になれば少し落ち着くよと言われ、3歳になれば・・・と言われ・・・・。

落ち着いたのは何歳の頃だろう・・・・。

上の弟に見つかれば証拠写真が残る。
怒らないから。

母と私に見つかると、「ごらぁーーーーー!!」ってすごい怒られるから
証拠写真も犯人の写真も残らない(笑)。

「兄ちゃん。怒る?怒る???もうしないよ・・・絶対しないよ」
「嘘だよ。するよ。またするけどね。」
d0046821_0204753.jpg

「あっ・・・兄ちゃん。やるつもりはなかったんだよ。本当だよ。」
「なんだ、兄ちゃんか!じゃあ余裕だ~!」
d0046821_0213559.jpg


================================

10月29日(土) 第12回チャリティフリマ開催!

椋と麦は、元気にしています。
この間、九ちゃんに会いに行ってきました。
身体は大きくても心は乙女で優しい優しい九ちゃん。

麦じぃに顔にのぼられても怒りません。
麦じぃは大満足!!

「ぷきゅーーん、顔にのぼられてる。。。。。」
d0046821_026321.jpg

d0046821_0255844.jpg

d0046821_0265518.jpg

「じぃ~尻尾の毛はどこに落としたの???」
d0046821_0271020.jpg

d0046821_0281584.jpg

九ちゃんありがとうね!
by miki_trm | 2005-09-11 00:30 | ①たろう | Comments(2)

隠れているつもり???

一時期、よーくこんなことをしていました。
隠れているつもりなんでしょうかね(笑)?
d0046821_926027.jpg

d0046821_926785.jpg

by miki_trm | 2005-09-07 09:26 | ①たろう | Comments(4)

こんなスリムな時も・・・。

写真もあまり残っていないし、記憶のたーくんはおでぶちゃんなので
すごい、変な感じがしますが・・・・。

一瞬だけあったんです。スリムな時代が!!!
d0046821_10375365.jpg

でも、やっぱりぽっちゃりの方がたーくんらしいです。

よーく、女の子座りをしていました。
なんか、もうぽっちゃりの影がありますね・・・。
d0046821_10403499.jpg

私が19歳ぐらいの時に一緒に撮った写真です。
ピンっと伸びた手が可愛くて好きな写真です。
d0046821_10425533.jpg

by miki_trm | 2005-09-02 10:50 | ①たろう | Comments(6)

こんな時代もありました。

我が家にきたばっかりの頃のたろうです。
d0046821_226826.jpg

初めてたろうに会ったのは、バイト先のデニーズの前。

「本当はこの子じゃなかったんだけど・・・」と言われて手渡された
たーくんに私は一目惚れでした!

たーくんに会うまでたくさんの名前を考えていたけれど顔をみた瞬間に
「たろう!」って思ったんです。なんでだろう・・・。
d0046821_22131622.jpg

小さいたろうを落とさないように抱っこしてドキドキしながら
家に帰った日の事を思い出します。

こんなに小さい子を抱っこするのも初めてだったし、ずっと飼いたかった
念願のわんちゃん、嬉しくて嬉しくて、あんな気持ちは初めてでした。

可愛い可愛い怪物だという事に気付くのにそんなに時間は
かかりませんでしたけど・・・・。

「サークルは大嫌いだぁーーーーー!!」
d0046821_22194627.jpg

「ここ嫌い、だして~
        ぼくはたーくんだぞぉー!」

d0046821_2216640.jpg

ほんとーーーーに、ほんとーーーーに諦めの悪い子でずーーーーーっと
泣いているんです・・・・・。

たーくんには勝てませんでした・・・・。
勝利の寝姿・・・・。
d0046821_22205668.jpg

小さい頃からお外を眺めるのが大好きでした。
d0046821_22222017.jpg

「たーくんもあれ食べたい・・・・」
d0046821_22244668.jpg

小さい頃、尻尾に傷がありました。
だから、貰い手がなくてうちの子になりました。
d0046821_22262454.jpg

by miki_trm | 2005-08-29 22:43 | ①たろう | Comments(10)

最後の日のこと。

二日ぐらい前から呼吸が急に辛そうになりました。
死んでしまう前日は本当に苦しそうで見ていてとても辛かった・・・・。

16日は、何も食べることができなくて、弟が氷を小さく小さくして
あげていました。

16日の朝にすごい血便。
少しだけど自分の足で歩きましたが、その後すぐに足が倍ぐらいに
腫れてしまいました。

昼間は、上の弟と母がずっと一緒にいて、
2人で外に出したけどなかなかおしっこをしないから、
抱っこしていつもする場所まで連れて行ったけどしなかったそうです。
でも、倍に腫れちゃった足で、ヨタヨタ家に向かって歩いて帰ったそうです。
家に帰りたかったんだね、たーくん。

4時半頃からは、2人が仕事に行くので下の弟がずっとついていました。

私が家に帰ると母と一緒に2階のお部屋で寝ていました。
ご飯を食べる私をじっと見ていました。

今日も一緒に寝ようと思っていたので、母に「1時間寝るから起こしてね」
と言って自分の部屋に戻って数分後に「たろうが下血した!」と母に
呼ばれました。
急いで下に行くと、お尻からたくさんの血が流れていました・・・。
不安になって先生に電話をしたらすぐに来てくれることになりました。


下血して少しした頃に、上の弟から電話がありました。
いつもは仕事中に電話をしてくる事なんてなかったのに・・・。
その時は、まさか死ぬなんて思わなかったし、少し落ち着いたので
「今、下血したけどみんないるから大丈夫だよ」と言って母は電話をきりました。

血が少し止まって、気がついたら呼吸も穏やかになっていました。
今、思うとあの時はもう苦しさも痛みも感じていなかったのかもしれない。

母が新しいタオルを取りに行ってすぐに、たろうが立ち上がろうとしました。
寝返りをすることさえできなかったのに、どうしたんだろう?って思った瞬間、
私の腕の中に倒れこんできました。
すごい痙攣してみるみるうちに舌が真っ白になりました。
どうすることもできなかった。

「お母さん、たろうが死んじゃう!」、「たろう、たろう」って
叫ぶしかできなかった。

痙攣を起こした瞬間、本当に同じぐらいに先生がきてくれました。

元気だったけど、たろうの身体の中はボロボロだった。
本当にボロボロだった。
でも、ギリギリまでそんな事を感じさせなかった。

たろうの寿命は、本当は7月のはじめの頃だったんだと思う。
もう何も効く薬がなくて、でも、少しの可能性を信じてもう一度、
一番最初の薬を使ってみた。
あの薬が効いたのは本当に奇跡だった。


花火大会の日からゆっくりとたろうは自分が大好きだった人たちと
お別れをしていたのかもしれない。
花火の日に来れなかった、親戚や母の友達、私の友達と
不思議なぐらいに会うことができた。
たろうがお別れをしたく呼んだんじゃないかと思います。


最後の日もたろうはちゃんと考えたんだ。
昼間はずっと上の弟と母といて、いつも留守がちの下の弟に後悔
させないように自分の面倒をちゃんと見させて、私が帰るのもちゃんと
待っていてくれた。

最後の瞬間、そばにいたのは私と下の弟だけ。
たろうは私達を選んだのかもしれない。

上の弟は最後の瞬間に間に合わなかった。
本当にたろう命だったからそんな姿を見たら耐えられない、
おかしくなってしまうって思ったんだろうな~。
15日は、上の弟の誕生日だった。
だから、たろうは最後の力を振り絞ってあと1日頑張ったんだと思う。

あの瞬間が頭から離れないけど、倒れるたーくんを受け止めることが
できて本当に良かった。


たーくんがいなくなって寂しい。
どうしていないんだろう?って毎日思う。
もっと一緒にいたかった。


私達家族が辛いとき、いつもそばにいてくれた。
たーくんと一緒にいれて幸せだったのは私達家族でした。


===========================

たくさんの方にお花やおやつ、梨などを頂きました。
ありがとうございました。
たーくん、とっても喜んでいると思います。

天国でもいーっぱい食べておでぶのたーくんのままだね、きっと。
d0046821_2235142.jpg

d0046821_224124.jpg

by miki_trm | 2005-08-23 22:36 | ①たろう | Comments(2)

ちばわん出身の生・望・でめ・にゃあ・とらと預かりわんこ達のドタバタ日記です。


by miki_trm
プロフィールを見る
画像一覧